七尾市・中能登町で新築、リフォームを手掛けるシティハウス産業


K様はパパ・ママ、小さなお子様2人の4人家族。
最近ほとんどのご家庭が共働きであるようにK様の奥様も 家事と仕事の両立で 忙しい毎日を過ごしています。
マイホームを建築する時、忙しいママ達が皆同じように望む 間取りに必要な3つのポイント があります。それは・・・


①キッチン⇔洗面脱衣室⇔UBの家事負担を少なくするような動線
②リビングとは別にもう一部屋(和室)
③廊下等の共用スペースを少なくして、部屋を大きく

という事。

K様もこの3つのポイントを大事にされて、これらの要望を叶えるような間取りを作り上げました♪
K様邸の3つのポイント、是非ご覧くださいね(^^)/








子育て世代のママが望む3つの要望を取り入れた家


廊下等の無駄なスペースを排除♪リビング階段のススメ
最近の間取りは、廊下やホールといったスペースを無くして、その分部屋を大きくしたい!
という要望が多くあります。その一例がリビングに階段を設置する方法♪

リビングに階段を設置すると冬場に暖かい空気が2階へ逃げてしまう心配もあるので、K様は階段入り口に背の高い引き戸を設置しました。(背が低いと、階段を下りて来た時に圧迫感を感じるので・・・)

これで冬場も快適に生活出来そうです♪



和室

もう一つのリビング= WASITSU
子供はいつだって元気♪硬いフローリングの上だけでなく、柔らかいタタミの上で存分に遊ばせてあげたい。

友達家族が遊びに来た時、タタミの部屋に大きなテーブルを出して、皆でワイワイと楽しみたい。

そんな時に重宝するのが、もうひとつのリビングWASITSU。
普段はママと小さな子供さん達の寝室としても使えるように押入の配置は欠かせませんね♪
※1階だと、ミルクの準備等が楽ですからね♪



ママの目線が行き届く位置にタタミの部屋を・・・・・

キッチンからのママの目線です。夕方、仕事を終えて
帰宅してから忙しく夕飯の準備をしている時って、申し訳ないけど、子供には目が行き届かないですよね?

そこで、K様は子供をタタミの部屋で遊ばせつつ、夕飯の準備をしながら子供様子を見つつ忙しい家事をこなせるようにキッチンと和室の位置関係を工夫しました。

これは女性ならではの視点ですよね♪






サンルーム兼洗面脱衣室はこの収納が今、大人気♪

強い西日が差し込むところにサンルームを作るのは間取りを考える上では鉄板(硬い)コースです。

K様邸サンルーム兼洗面脱衣室は、鉄則を守るだけでなく、室内にある工夫をしています。
それは洗濯物を片付ける収納を設けるという事。

サンルームで乾いたパジャマや下着、バスタオルを収納に片付ける事によって、ママの家事負担が少しでも減らせる事が出来るという、今人気の収納です♪




こちらの施工例に関するお問い合わせは下記から



概要





構造/木造在来工法

規模/地上2階建て

延床面積/110.93m²(33.56坪)

1階/57.22m²(17.31坪)

2階/53.71m²(16.25坪)






■外部仕上げ

屋根/平板瓦

外壁/窯業系サイディング






■内部仕上げ

LDK

床/カラーフロアー

壁/ビニールクロス

天井/ビニールクロス



和室

床/畳

壁/ビニールクロス

天井/ビニールクロス



寝室・子ども室

床/カラーフロアー

壁/ビニールクロス

天井/ビニールクロス


洗面脱衣室・サンルーム

床/クッションフロアー

壁/ビニールクロス

天井/ビニールクロス






タイル/ニューペネトレート

サッシ/マディオJ

玄関引き戸/フレディア

キッチン/サンヴァリエ<アレスタ>(LIXIL)

浴室/キレイユ(LIXIL)












こちらの施工例に関するお問い合わせは下記から