七尾市・中能登町で新築、リフォームを手掛けるシティハウス産業


歴史ある佇まいを再生リフォーム

歴史ある佇まいを再生リフォーム:羽咋郡志賀町 H様邸

古民家改修工事とは

その時代の名工・職人の匠の技、素材の良い使い方、受け継いできた方々の思いの深さを活かす工事。現代の生活にそぐわない一面もありますが、それ以上に尊い存在感や受け継いできたものから感じられるパワー、エネルギーを後世に引き継ぎたいと願う家人の思いを大切にします。



外観 >>     玄関 >>     ホール >>     LDK >>     茶の間 >>

古民家改修:外観

施工前:外観



施工後:外観

外観
和風のイメージを崩さずに機能を充実しました。
耐震工事のため、窓部分が少なくなりましたが、外観を損ねないような工夫をしたり、 雨に濡れないように屋根を作りました。



古民家改修:玄関

施工前:玄関施工前:玄関



施工後:玄関

施工後:玄関

玄関
暗かった玄関が明るく生まれ変わりました。
下駄箱のスペースを大きく確保し収納に困っていた靴をしまえるようになりました。




古民家改修:ホール

施工前:ホール



施工後:ホール

ホール
改修前は段差が多く、子どもやお年寄りに不便なことも多くありました。
改修後は段差をなくし完全バリアフリーを実現。安心して生活できるようになりました。



古民家改修:LDK

施工前:LDK



施工後:LDK

LDK
台所と居間に分かれていた間取りを一新。
改修前は暗く狭かった部屋を窓を大きくとることによって明るい空間に。
対面式キッチンで楽しく食事することができるようになりました。



古民家改修:茶の間

施工前:茶の間



施工後:茶の間施工後:茶の間

茶の間(左:茶の間から見た和室の続き間、右:茶の間から見た玄関)
改修後は見事な和室スペースに。来客時に囲炉裏でおもてなしできる自慢の部屋へ様変わりしました。



お客様のご要望と改修ポイント

お客様のご要望
お父さんから引き継いだ住宅も築年数とともに劣化がすすみ、能登半島地震で被害をうけた事によって、建替えかリフォームを考えるきっかけとなりました。色々悩みましたが、「お父さんから引き継いだ家を息子の世代に残したい」と思いましたので リフォームする事にしました。

古民家改修のポイント
・少し傾いた家を建て起こす事
・耐震工事を施す事
・孫が遊びに来ても快適に過ごせるように最新の住宅設備、断熱改修工事を行なう事
・自慢の囲炉裏を活かすようなリフォーム



使用製品名:トイレ・・・LIXIL
 浴室・・・ラ・バス
 洗面・・・LIXIL オフト
 キッチン・・・アミィ
施工期間:2012年2月〜5月