七尾市・中能登町で新築、リフォームを手掛けるシティハウス産業


家に帰ってきたら部屋を通らずに直接洗面所へ♪
旦那さんの仕事によってはそんな動線を希望される
奥様も多いはず・・・。
それ以外にも奥様の家事動線、将来の子供と関わり方を考えた動線
沢山の動線について考えて工夫されたお家が完成しました。







生活シーンごとの動線をしっかり考えた家

何で入り口が2つに分かれているの?
それにはちゃんとした理由があります♪


玄関へ入ると、お客様用・家族用とで
入り口が分かれているH様邸。
家族用を入っていくと、何十足も
収納できるであろう棚板がお出迎え
してくれてその奥には洗面化粧台が
待ち構えています。
自動車整備業を営んでいる旦那さんが
思う存分働いて、ツナギを汚してきても
→ 家族用の玄関で着替え 
→ 洗面所で顔と手を洗う
→ リビングへ
という動線が確立されています。
家事を担う奥様にとってはとっても
便利な動線ですよね♪


子供の顔を見ながら出来る家事動線を実現♪

「ただいま〜」って子供が帰宅した時、ママがキッチンにいても、子供が奥に見える階段を登って自分の部屋へランドセルを置きにいく様子が見て伺えます♪
そんな子供の動線を想定してキッチンの位置やリビング階段の位置も決めました♪


中2階のタタミコーナー


ママは毎日、仕事・家事・育児に忙しい!
「ちょっと疲れたな〜」という時にソファではなく、タタミに寝転がれるのって最高ですよね♪
そんな一時に利用するのもアリだし、子供の友達が遊びに来た時、子供部屋に子供らだけで閉じこもってしまうと、何をしているか分からないし、子供たちが帰ったあとのお菓子の袋の散らかっている惨状を想像すると、やはり自分の目に届くところで・・・(汗)
なんていう場合に使うのもありです。

タタミは家族や人同士を近付ける(仲良くさせる)役割も持ってます♪
タタミのある部屋は一家に一つ欲しいですよね♪


主婦の味方!多目的流し!

子供が野球でユニフォームをドロドロにして帰ってきたり、学校の帰り道で、水溜まりで遊んできてクツがグチョグチョになったり・・・
なんていうのは日常茶飯事ですよね♪
そんな時に役立つのが多目的流し!
深いボウルなので床への水跳ねを気にせずにゴシゴシと洗えます(^^)v



大きな子供部屋の利用方法

この子供部屋ひろーーーーい!

って思われますよね(笑)
ここは将来、お子様が小学校高学年になって、「自分の部屋がほしい!」って言い出した時に真ん中で仕切って、別々の部屋として利用出来るようになっているんです。
お子様が大きくなるまでは家族のフリースペースや夫婦の寝室としても利用出来るので、お子様が小さい方、これからお子様が増える方にはオススメの部屋の作り方です。



2階の空いたスペースを
ファミリーホールとして有効活用


中2階のタタミコーナーを横目に階段を登りきると広いファミリーホールが出現!
ここには本棚やママのピアノが置かれています♪
ママの弾くピアノの音色を聞きながら読書とかママのピアノの音色をつまみにタタミコーナーで日本酒をクイッと呑むのも良いですよね(^^)v




吹き抜けリビングがもたらす役割

吹き抜けリビングは、開放感あふれる空間♪というだけでなく、家族を仲良くしてくれる役割も果たしてくれます。
パパやママは子供部屋にいる子供の気配を感じとれるし、家族それぞれが自分の部屋に入るときに、ママが包丁でまな板を叩く心地よい音が聞こえてきたりしますし、何よりママがキッチンに立ちながら大きい声で「ご飯できたわよ〜」って声も掛けられますしね(笑)

最初に書いた 仕組み とは 家族を仲良くしてくれる仕組みでした(^^)v



H様から頂いたメッセージ



こちらの施工例に関するお問い合わせは下記から